厳選記事
【EA-BANK10万円チャレンジ】今週の収支報告&相場観について~6か月経過しました。~【2021年3月19日迄】
スポンサーリンク

2020年9月21日より始めました、「EA-BANK10万円チャレンジ」の現時点の経過報告を行いたいと思います。

下記の概要ページにチャレンジの詳細や運用口座や運用EA・ロットについて詳しく説明してあります。

10万円チャレンジ近況報告

現在の口座状況

現在の運用状況は下記となります。
口座残高:126251円(先週比-2179円)
運用成績:+26.25%(先週比-4.77%)
取引回数:26回(1ポジション持ち越し)

詳細は下記のMyfxbooksより確認してください。
リンクはこちら

また、リアルタイムの運用成績は下記となります。

運用の感想

現在の運用成績は+26.25%となっております。
先週比では-4.77%となりました。

先週に引き続きEAには難しい相場だったと思います。
ここに採用していなかった自作EAの「Sprout」等の順張りスイング系は好調のようでしたが、
逆張り系のロジックでは、損失を広げてしまったEAも多かったように思いました。

今週は-5%程度の下降という結果となりました。
逆張り系が不調であったとはいえ、本チャレンジでは今週は取引回数が26回と比較的抑えられた回数となっており
難しい値動きの中では悪くなかったのではないでしょうか?
ただし、この相場が長く続くのも厳しいものがありますので、来週くらいからはもう少し動き方が定まって欲しいところです。

個別のEAの動きで確認しますと、「THE_AUDCAD_typeB_M5_V1_EB」が長く捕まっていた気がします💦
ただ、一時はもっと大きな損失を抱えていましたが、悪くないところで着地したと思っています。

しばらくは個別EAの動きを見ていましたが、これ無くてもいいかな?
結局のところは、全体で見ているので個別EAの良し悪しはあまり見なくてもいい気がしてきました…
もちろん、大きく負けたら期待値を改めて計算する必要はあると思いますけどね。

今週の感想(相場観覚書)

今週の相場観の状況を書いていきたいと思います。

今週から、FX口座の多くがサマータイムに入りました。(まあ、これはどうでもいいかな…)

今週は、各国で「金融政策」の発表がありました。
日本・米国共に追加の経済対策を行うことになりました。
米国10年債券金利自体については今週の終わり時点で1.73%と高くなってきましたが、それ以上に経済対策への期待感が高まっています。
金利の高まりで一時的に株価は下落するものの、政策金利が途切れるまで株価が上昇しそうな気がします(笑)

まあ、下がるときは下がりますので下方対策をしたうえで上目線を継続して運用をしていきたいですね(`・ω・´)ゞ

為替については、今週は全然動きがありませんでした。
理由はおそらく上記の金融政策の結果待ちだと思いますが…
おかげで方向性のない、値動きでEAは厳しかったと思います。

金融政策がおおよそ出たことと、株価も上昇に向かいそうな雰囲気が出てきましたので来週以降は爆益希望です(笑)

皆さんも安全マージンをしっかり確保しながら、トレードをしてください。

スポンサーリンク

EAの設定

11月9日に下記のように、運用システムの入れ替えを実施しております。
変更内容についてはこちらのブログ記事をご覧になってください。

大雑把ですが運用目標値は下記のように変更となりました。
平均年利366%、最大DD73%(-72616円)

平均年利522%、最大DD69%(-68678円)

現在のEAと相性の良いEAを組み入れたことで、パフォーマンス及びリスク値両方が向上する結果となりました。
ただし、今回の変更によって最大レバレッジがさらに大きくなってしまいました。(最大値は約250倍)

また、ストラテジーの相関性は下記のようになっております。

運用に関しての注意

今回のチャレンジでは非常に大きめのリスクを取る設定での運用となっております。
全てのEAでポジションをすべて持った場合は、最大レバレッジが250倍を超える運用となっております。
真似をする場合は、自己の責任で運用を行ってください。

今後について

Myfxbooksを用いてリアルタイムでの運用成績を公開していきます。
運用しておりますEAについても時間があるタイミングで少しづつ紹介していきたいと思います。
次回も1週間後に報告、感想をブログで上げていく行きます。

EA-BANKリンク

EA-BANKを使用してみたいと思われたならこちらから登録してくれると喜びます(/・ω・)/


↑チャレンジで使用しているEAはすべて無料で使用することが可能です。

以上、ご付き合いいただきありがとうございました。
ぜひ、次回の記事もご覧になってください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事