厳選記事
【収支報告】月次軟調、上半期収支は好調【2021年6月度】
スポンサーリンク

2021年6月度のシステムトレードにおける収支の報告をしたいと思います。

6月の終了を持ちまして、2021年度の上半期が終了となりますので合わせて報告をしていきたいと思います。

FX(MT4)によるシステムトレード

1)公開口座(元本10万、自作EA)

今月の収支


普段から公開しております、販売中のEAをすべて動かしておりますFX口座の成績は下記のようになりました。
確定損益:-778円(-0.63%)
ドローダウン:-2.87%
取引回数:38回

個別成績
Power_of_Japan:+0.2%
Sprout:-1.36%
Robust:+0.5%
???:+0.03%

週次で公開している、EA-BANKチャレンジと異なり自作EAの調子はいまいち
今月から相場が動き始めたことと、方向性がいまいち継続しないためトレンドフォローのSproutが苦戦しています。
同じくトレンドフォローですが、長期保有をするRobustは利益が残っている為長期トレンドは未だ継続している模様です。

Power_of_Japanと???は堅調に勝てているようです。

 

イザナミ(株式システムトレード)によるシステムトレード


1)口座1(元本100万/レバレッジ2倍、通常戦略)

確定損益:-0.6万円(-0.4%)
取引回数:5回

週次の相場観でも触れていますが、今月は非常に日経平均の値動きが乏しかったです。
一瞬大きく動きましたが、翌日には無かったことにされたため日足ベースで動いているシステムではほとんど影響を受けていません。

相場が薄かったため、取引回数も5回と非常に乏しい月となりました。

2)口座2(元本50万/レバレッジ1.5倍、ボロ株・低位株戦略)

確定損益:-5.9万円(-5.9%)
取引回数:8回

当ロジックは、低位株とボロ株に注目したトレードが主体です。
口座1の中でも書きましたが、全体的に取引に乏しい月となりました。

値動きの乏しい中、リスクの高い低位株を取り扱うとジリ貧ですね💦
また、7月最初の凸で利益が出ていますが、注文ミスで取り損ねています(笑)
…2万取り損ねた( ;∀;)

スポンサーリンク

上半期運用報告

続いて、2021年上半期の運用成績を簡単にまとめて紹介したいと思います。
Twitterでは、非公開口座も含めてざっくりと出していますがブログでは流石に非公開口座を出すつもりはないのでご了承ください。

代わりと言っては何ですが、株式はイザナミ収支と口座収支の比較を出したいと思います。

FX

確定損益:+3160円(+2.68%)
ドローダウン:-4.99%
取引回数:210回

販売・公開しているEA口座の収支となります。
バックテストを取り直すのは面倒なので、リアル口座の収支のみで勘弁くださいm(__)m

全体的に波はありましたが、年初をベースとして0%をほとんど割らないで運用が出来ていたようです。
EA-BANK10万円チャレンジでは、年始以降非常に収支が悪かったので、こちらも負けていると思っていました。

1)口座1(元本100万/レバレッジ2倍、通常戦略)

口座1の上半期周期を見ていきたいと思います。

リアル口座 バーチャル(イザナミ)
収支 +5450円 約+19000円 約-14000円

こちらは楽天口座で運用をしています。
リアル口座では+5000円程度の利益となっております。
イザナミ上では+1.9万円となっていますので、若干ですがリアル口座の方が悪い成績となっております。

イザナミは手動で注文とシステム計算を実施することから、半年の中で度々注文ミスをしています💦
記憶に新しいところでは3日前に注文ミスをして2万円ほど利益を逃しています(笑)

2)口座2(元本50万/レバレッジ1.5倍、ボロ株・低位株戦略)

リアル口座 バーチャル(イザナミ)
収支 +239529円 約+214000円 約+25000円

こちらは、松井証券で実施しております。
リアル口座で+24万、シミュレーション上(イザナミ)で+21.4万円となっております。
松井証券では楽天証券と異なり、リアルの方が良い結果となっております。
こちらも主に注文ミスで発生している差となると思います。💦💦

総括

月次ではFX/株式共にマイナスの結果となりました。
代わりと言っては何ですが、上半期の収支は株式・FX共に非常に良い結果だったと言えるとおもいます。

FXはバックテストやデモ比較をしていないので分からないですが、
株式はシミュレーションとほとんど差が無く良い結果となっていることが分かります。

この調子で下半期も利益を重ねていけたら良いと思います。("´∀`)bグッ!

下記でEA-BANKを用いたチャレンジ口座を公開していますので、よろしければご覧ください。

また、株式システムのイザナミは下記よりご利用いただけます。

以上、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事